買う

金沢の老舗精肉店が移転 新しい生活様式に対応、オリジナルスパイスも

「NIKUO 中谷精肉店」店主の中谷明博さんと妻の恭子さん

「NIKUO 中谷精肉店」店主の中谷明博さんと妻の恭子さん

  • 2

  •  

 「NIKUO 中谷精肉店」(金沢市神宮寺2、TEL 076-255-2915)が10月23日、神宮寺交差点近くに移転オープンした。

【VRで読む】神宮寺に移転オープンした「NIKUO 中谷精肉店」

[広告]

 1950(昭和25)年の創業以来、森山で70年間営業してきた同店。今回の移転で店舗面積を約2倍の50坪に拡張した。移転では、コンセプトに「新しい生活様式に対応した肉屋」を掲げ、オンラインで商品を事前決済し店頭で受け取るシステムの導入や来店客がソーシャルディスタンスを確保できるような配置でショーケースを設けるなど工夫。清潔感のある店作りにもこだわったという。

 店内では、主に鹿児島・宮城県で飼育されたA4・A5ランクの和牛を一頭買いし販売するほか、自宅で食事をする人が増えたことを背景に「時短料理」として焼くだけで簡単に調理ができる「漬け込み肉」などを用意する。

 移転に伴い、新事業としてオリジナルスパイスの開発にも着手。「ハーブ農園 ペザン」(津幡町)の協力で、自家製ローストビーフなどにも使用するという「NIKUO オリジナルスパイス」や「牛肉のためのスパイシースパイス」、「豚肉のための柚子(ゆず)皮のさっぱりスパイス」、「鶏肉のためのエスニックスパイス」、「和風スパイス」(以上500円)の5種類を販売する。

 店内には、フランス料理店「流寓LUGU」のテークアウト専門店も併設。同店の肉を使った「ロースカツサンド」(1,404円)や「ビーフカツサンド」(1,944円)などを提供する。

 店主の中谷明博さんは「外食が減り家事の負担が増える中、焼くだけですぐ食卓に出せる食材や調理時に振り掛けるだけでごちそうになるスパイスの販売が、少しでもお手伝いになれば。オリジナルのギフトボックスも用意しているので、自宅用や大切な人に贈って、おうち時間においしい肉を楽しんでもらいたい」と話す。

 営業時間は10時~19時。

後援申請20141009
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース