買う

金沢に手作り総菜の冷食専門店 「わが子に毎日食べさせたい」コンセプトに

「NIKUO CIRCUS」店主の中谷さん(右)とスタッフの皆さん

「NIKUO CIRCUS」店主の中谷さん(右)とスタッフの皆さん

  • 10

  •  

 冷食専門店「NIKUO CIRCUS(ニクオサーカス)」(金沢市小橋町、TEL 076-256-0014)が11月6日、オープンした。

【VRで読む】小橋町に金沢初の冷食専門店「NIKUO CIRCUS」がオープン

 母体となるのは和牛専門店「NIKUO 中谷精肉店」(森山2)。現在3代目店主を務める中谷明博さんの妻・恭子さんが「Frozen food for Kids(わが子に毎日食べさせたい冷食)」をコンセプトに、自社で製造する商品や取引のある市内飲食店のメニューを冷凍状態で販売する。

[広告]

 店舗は築110年の古民家を再利用。町家が好きだという恭子さんの希望通り、「かわいい町家」にリノベーションした。天井のはりなどもそのままにバーカウンターなども設けた店内からは、物件の決め手となったという庭を望む。

 商品は常時50種類以上をラインアップ。自社で仕入れた肉や野菜など全て石川県産の食材を使った総菜は、毎日わが子に弁当や食事を作る「お母さん」でもあるスタッフが一から手作りしている。自身も高校生の娘に弁当を作っているという恭子さんは「もっと手間やコストをかけずに作ることもできるが、自分の子どもに食べさせたいか考えたときに嫌だなと思うものは提供できないと、スタッフとも話し合って決めた。何十年も先の家族の健康や幸せを考えることが、コンセプトのベースにある」と話す。

 提供するのは加賀野菜の小坂れんこんを使ったメンチカツやシューマイ、五郎島金時のコロッケなど。温めてそのまま出せるものより焼いたり煮込んだりとひと手間加える食材の方が売れ行きはいいという。恭子さんは「味付けもあえて薄味にしており、最後の仕上げはお母さんにしてもらうことで、その家庭の味になる。アレンジ方法やお薦めの食べ方などの提案も併せて伝えたい」と意気込む。

 市内のフレンチ料理店「流寓(ルグゥ) LUGU」(主計町)の「和牛のビーフシチュー」(880円)、中華料理店「西華房」(片町1)の「四川麻婆(マーボー)豆腐」(650円)、イタリア料理店「magazzino38」(長土塀2)の「和牛ミートソース」(650円)、「SALINA」(香林坊2)のピザ(850円~)など肉卸としてつながりのある飲食店のメニューも冷凍して販売。「自慢の一品を置いてもらうことで、店の宣伝にもなれば」と言う。

 恭子さんは「忙しい朝に揚げ物をするのは大変なので、少ない油で短時間に調理できるよう工夫したり、お弁当サイズで成型したりと、簡単に地元食材を使ったおいしい食事ができるようこだわった。食材にこだわり手間をかけながら気軽に買いやすいよう価格は抑えているので、お母さん方や、まだ小さい子どもがいる若い世代にぜひ利用していただきたい」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~18時。日曜定休。

後援申請20141009