暮らす・働く

「いしかわ起業小町」がポップアップショップ出店者募集 女性起業家に向けサポート

ポップアップショップ出店の会場となる「新保屋」

ポップアップショップ出店の会場となる「新保屋」

  • 9

  •  

 女性起業家のサポートを目指す「いしかわ起業小町」(TEL 076-267-1145)が6月14日、ポップアップショップの出店者募集を始めた。

「いしかわ起業小町」ポップアップショップ出店者募集のチラシ

[広告]

 公益財団法人「石川県産業創出支援機構」が運営するプロジェクトで、起業を目指す女性や起業間もない女性に向け、個別相談やイベント、セミナーなどの情報提供などの支援を行う。飲食店や販売、教室など店舗を構えての起業を考える女性がより気軽にチャレンジできる場を提供し、実際に出店することで起業のイメージや実現に向けた課題を明確にしてもらう狙いがある。

 ポップアップショップは明治建築の金澤町家をリノベーションしたレンタルスペース「新保屋」(金沢市安江町1)の一画を利用して出店する。会場利用料は同機構が大半を負担し、自己負担額は半日(10時~13時または13時~16時)=500円、全日(10時~16時)=1,000円。参加者にはポップアップショップ出店に向けての売り上げ目標を設定してもらい、売り上げ達成に向けてのアドバイスやサポートなども行う。

 「いしかわ起業小町」の小塚真紀子さんは「女性の起業の形は多種多様で、事業の規模も目的もさまざま。コロナ禍ということもあり、やりたいという気持ちはあっても、コスト的なハードルや精神的な不安が大きいのも現状。そんな女性たちでも、気軽に一歩踏み出すきっかけになればと今回の企画を立ち上げた。今後も小規模な座談会や相談会などを計画中で、身近な相談相手として継続したサポートしていければ」と話す。

 出店日程は第1期=7月9日・10日、8月13日・14日、9月10日・11日、第2期=10月8日・9日、11月12日・13日、12月10日・11日から希望日を選ぶ。定員は各期10人程度で、区画が埋まり次第締め切る。申し込みは「起業小町」のホームページから申込用紙をダウンロードし、郵送・ファクス・メールなどで受け付ける。

後援申請20141009
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース