食べる

金沢に手作り弁当とパンの店「ひなたFactory」 料理研究家・しもおきひろこさん監修

「ひなたFactory」店内の様子

「ひなたFactory」店内の様子

  •  
  •  

 しもおきひろこさん監修による手作り弁当とパンの店「ひなたFactory」(金沢市高尾南1、TEL 076-218-9899)が3月19日、金沢市郊外にオープンした。

【VRで読む】高尾南にオープンした「ひなたFactory」

 しもおきさんは料理教室の講師などを経て、フードコーディネーター、料理研究家として多方面で活躍している。2016年には初めてプロデュースしたパン店「ひなたパン」(小松市中海町6)をオープンした(土曜・日曜のみ営業)。

[広告]

 金沢学院大学・短期大学の非常勤講師を務め、栄養士、管理栄養士を目指す学生の育成にも携わっていることから、学内の売店で「ひなたパン」のパンと「体に優しくおいしい」弁当の販売を行っている。その味をより多くの人に楽しんでもらおうと「ひなたFactory」を開業したという。場所は2008年に開設した「しもおきひろこキッチンスタジオ」の1階の一角。隣接するキッチンで手作りして出来たてを提供する。

 弁当は野菜など季節の食材をふんだんに使って彩りよくヘルシーに仕上げる。看板メニューはゆでた鶏もも肉とそのゆで汁で炊いたご飯を盛り付けた「カオマンガイ」(580円~)。「鶏のうま味を丸ごと楽しめて、コラーゲンもたっぷり」とスタッフの中西紀子さん。このほか「炊き込みご飯WAPPA」(680円)、「豚玉&イカ塩焼きそば」(480円)、日替わりの「ひなた弁当」(580円)などもそろえる。

 パンは、生クリームと牛乳をたっぷり使って耳まで軟らかく仕上げた「キューブ生食パン」(463円)にはじめ、自家製カスタード入りの「クリームパン」(120円)、「イチゴのチョコホイップ」「ダブルチョコバナナホイップ」など各種コッペパン(100円~)も用意する(価格は全て税別)。

 しもおきさんは「スタッフは母親が多く、『子どもも安心して食べられるものを』と思って手間暇と愛情をかけて作っている。たくさんの方に味わっていただけたら」と笑顔で話す。

 営業時間は11時~17時(売り切れ次第終了)。土曜~月曜定休。

  • はてなブックマークに追加