食べる

金沢市郊外にスペイン製石窯で焼くパン店 定番から総菜系まで約90種

石窯パン工房「VIVIR」に並ぶパン

石窯パン工房「VIVIR」に並ぶパン

  •  
  •  

 スペイン製の石窯で焼き上げるパンが看板の「石窯パン工房 VIVIR(ヴィヴィア)金沢店」(金沢市高柳町、TEL 076-282-9755)が12月14日にオープンした。

【VRで読む】高柳交差点近くの「石窯パン工房 VIVIR 金沢店」

 1号店の高岡店(富山県)が人気となり、より大きな商圏を求め金沢に2号店を開いた。店舗面積は約80平方メートル、カフェカウンターではひきたてのコーヒーを提供しイートインスペースに36席を設ける。

[広告]

 開店から1カ月、近隣のファミリー層や子ども連れの女性客、高齢者まで幅広いリピーターが多いという。店名の「VIVIR」はスペイン語で「住む、生きる」の意味で、「地元の人たちに愛されて生きていく」との思いを込めた店作りを行う。

 スペイン製石窯で焼き上げるパンは遠赤外線の効果により、水分を保ちつつ外側はカリっと内側はふっくらとさせたという食感が特徴。一番人気はバター風味の「塩パン」(90円)。そのほか、自家製カスタードを包む「プレミアムクリームパン」(200円)、牛肉と野菜をたっぷり使った自家製カレーを包んだ「牛肉ゴロっとカレーパン」(190円)や総菜パンなど約90種類を用意する(価格は全て税別)。

 同店長の中野優さんは「オープンから1カ月を過ぎ、金沢では甘いパンも人気が高い。今後も季節感を出したメニュー開発を行い、幅広い世代が楽しめるような店にしていきたい」と意気込む。

 営業時間は7時~19時。月曜定休(祝日の場合は翌火曜休み)。

  • はてなブックマークに追加