食べる

金沢の住宅地にフレンチキッチン トリュフを気軽に味わうオムレツ看板に

フレンチキッチン「Ludique」の店内

フレンチキッチン「Ludique」の店内

  •  
  •  

 金沢市の横川交差点近くに3月26日、フレンチキッチン「Ludique(ルディック)」(金沢市久安6、TEL 076-255-7728)がオープンした。

【VRで読む】横川交差点近くにオープンしたフレンチキッチン「Ludique」

 店舗面積約60平方メートルの店内に、テーブル14席、カウンター6席を設け、最大30人まで対応が可能。元は喫茶店だった場所を改装し、こぢんまりとしながらも落ち着いた店内で「地域の方に気軽に来てもらえる店」を目指す。

[広告]

 提供するのは、オーナーシェフの松本大史さんが作る「フレンチベースの親しみやすい料理」。松本さんは「フレンチのかしこまった感じも、人と同じ料理も好きじゃない。和素材や旬も大事に、フレンチの枠にとらわれない気軽に食べてもらえる料理を提供していく」と話す。

 料理には毎朝の仕入れを見ながら地元食材や旬の魚などを取り入れ、松本さんの出身地・野々市のキウイヴィネガーを使った「鶏胸肉とキノコの野々市キウイヴィネガー漬け」(600円)や珠洲塩を使った「クレームブリュレ」(450円)など地元らしい調味料にもこだわる。メニューの中でも「一押し」なのが、「芳香 トリュフオムレツ」(980円)。卵やソースにもトリュフを入れ、さらにオムレツの上にフレッシュトリュフをあしらう。松本さんは「フレンチ食材の代名詞でもあるトリュフを身近に、誰でも食べやすく想像のつきやすい料理にしたいと思った。フレンチを意識しながら親近感を持ってもらいたいという同店のコンセプトに一番マッチしているメニュー。正直原価無視だが、多くの方に食べてほしい」と話す。

 ランチタイムには野菜をふんだんに使ったサラダ仕立ての前菜と本日のスープ、4種類から選べるメイン料理、パン、ドリンクが付いた「ランチセット」(1,380円~)を用意。「芳香 トリュフオムレツ」(2/3サイズ)を500円で付けることができる。ワインにもこだわり、「安くておいしいワイン」を基準に国産も含めたボトルワインやグラスワインなどをそろえる。

 松本さんは「ここでしか食べられない、遊び心を利かせた料理を提案していきたい。居酒屋感覚で、気軽においしいものが食べられるお店として使っていただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は11時30分~14時、17時30分~22時。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009