天気予報

16

14

みん経トピックス

金沢近江町市場に海鮮丼新店北陸新幹線で加賀芋のアイス

金沢にフレンチ「パリゴ」 パリの大衆食堂をイメージ

金沢にフレンチ「パリゴ」 パリの大衆食堂をイメージ

フランス料理店「PARIGOT」の外観

写真を拡大 地図を拡大

 金沢の繁華街・片町商店街に2月7日、フランス料理店「PARIGOT(パリゴ)」(金沢市片町2、TEL 076-254-1217)がオープンした。

【パノラマVR】片町商店街にオープンしたフランス料理店「PARIGOT(パリゴ)」

 店内面積は約15坪で、テーブル席18席を設ける。アットホームな店内はパリの街角の大衆食堂をイメージ。堅苦しい作法や格式張ったイメージは取り払い「本物のフランスっぽさを金沢で再現したい」とオーナーシェフの加藤了さんは話す。リーズナブルな価格設定の一方、加藤さんが「厳選した」というフランス産の食材を使う料理は本格派を目指す。「はっきり言って何でもありの店ではない。料理に関しては専門性を貫いていきたい」と加藤さん。

 前菜、主菜の 2皿で構成されるフランスの一般的な献立方法「ドゥプラ」が同店の基本。そこにデザートが付き、「ランチ」(1,500円~)では前菜、主菜をそれぞれ5品から、「ディナー」(2,500円~)では7、8品から、客が選んでメニューを組み立てる。

 ディナータイムは他に「おまかせコース」(4,500円、前日までに予約)を用意。前菜2皿、魚料理、肉料理、デザートの5品で提供する。「フランスでのパンは日本でのご飯と同じ、食事の根っこ。パンをケチる店にはしたくない」という思いから各テーブルにかご盛りで置かれるパンは、前日から低温発酵させ「外はカリカリ、中はもちもち」に。店内で1日2回焼いており、焼きたてを味わえるようにする。

 加藤さんは「2皿で表現するフランス料理を、まるでフランスの大衆食堂にいるような非日常的な空間で味わっていただきたい。あまり見慣れない食材やフランス語のメニューなど知らないことも、旅行しているように楽しんで体験してもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時30分~15時、18時~23時。日曜・第3月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

金沢の雑貨店アミングに発酵食カフェ 糀料理研究家監修のランチやデザート提供。この記事へはこちら。
[拡大写真]

アクセスランキング