食べる

金沢に隠れ家的フランス料理店 金沢に移住したフランス人シェフが腕振るう

手作りの生ハムを手にするオーナーシェフのロロさん

手作りの生ハムを手にするオーナーシェフのロロさん

  •  
  •  

 金沢・寺町にフレンチレストラン「マルシェロロ金沢」(金沢市寺町、TEL 050-7515-9175)がオープンして3カ月半がたった。

【VRで読む】寺町にオープンしたフレンチレストラン「マルシェロロ金沢」

 フランス出身のオーナーシェフ ローラン・パケ(愛称=ロロ)さんは、フランスをはじめイギリス、スペイン、カナダなどで修行した後、2007年に独立して東京の石神井公園にフレンチレストラン「マルシェロロ」をオープン。一昨年まで営業していたが、妻の理実子さんの両親の介護のため、故郷である金沢に移住して開業した。

[広告]

 店舗は理実子さんの実家の一室で、6畳の和室にテーブル3卓を設ける。キッチンは駐車場を改装して作ったという。

 ランチ(税別5,000円~)、ディナー(同8,000円~)とも1週間以上前の予約制のコース料理。内容はお任せで、加賀野菜や県内産の魚介など旬の地元食材をなるべく取り入れ、素材を生かした料理を振る舞う。今の時期は、県産のイノシシやキジなどを使ったジビエ料理も提供するという。ロロさんはフランスの大自然で育ち、祖父母が牧場主だったこともあり、バターやチーズ、パンなどは全て手作り。予約を受けてから食材を調達し、丁寧に仕込んで調理しているという。

 理実子さんは「これまでの経験を生かした、ほかでは味わえない唯一無二の料理だと思う。フランス人シェフの本場の味を食べに来ていただけたら」と呼び掛ける。「ディナーの時間帯は母が在宅していることから紹介制とさせていただいている。お客さまにご迷惑をお掛けする部分もあるが、気軽に足を運んでもらえるとうれしい」とも。

 営業時間は、ランチ=11時30分~16時、ディナー=17時30分~22時30分。予約は2人以上10人以内で受け付ける。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009