金沢・茶屋街に米と大豆のスイーツカフェ「SOYASOYA」-しょうゆ藏が開く

金沢のひがし茶屋街にオープンしたカフェ「SOYASOYA」

金沢のひがし茶屋街にオープンしたカフェ「SOYASOYA」

  •  
  •  

 金沢・大野地区の老舗じょうゆ蔵「ヤマト醤油味噌」(金沢市大野町)が2月11日、観光地として人気の高いひがし茶屋街に「カフェSOYASOYA」(東山、TEL 080-4258-1080)をオープンした。

 同社は「農業を元気にしていきたい」「毎日の基本的な食(一汁一菜)を次世代につなげたい」と、伝統食を現代のライフスタイルに合わせた商品づくりに取り組む。米や豆を使った新たな醸造食品の開発のほか、地元産米の振興を図るため製造・販売を始めた「玄米あまざけ」は経済産業省の地域資源活用新事業展開支援事業に認定されている。

[広告]

 「米と豆のスイーツショップ」をコンセプトとする同店は、築130年超の町屋をリフォームした風情あるたたずまいで、新感覚のスイーツのテークアウト専門店。

 オープン以来の人気メニューは、「さらさら白米ラテ(豆乳割り)」「とろとろ玄米ラテ(同)」(各400円)。そのほか「玄米ソフトクリーム」(300円)、「たっぷりあずきの白ぜんざい」(550円)、「おしょうゆショコラ」(1,250円)、「白米ラテ(温・ストレート)」(350円)など、持ち帰って自宅でも気軽に楽しめるメニューを用意する。

 「人を笑顔にするようなしょうゆみそ屋を目指したい。カフェはその表れの一つ」と同社担当の山本耕平さん。「旬の素材の味を引き立てる調味料メーカーとして、素材の味を引き出す『淡味(たんみ)』を追求し、本物の食を伝えていきたい」と意気込む。

 営業時間は9時30分~16時30分。火曜・水曜定休。

  • はてなブックマークに追加