見る・遊ぶ

和太鼓サスケが無料コンサート 県大会優勝チーム、今年はワークショップも実施

和太鼓サスケが無料コンサートを開催

和太鼓サスケが無料コンサートを開催

  • 1

  •  

 石川県を拠点に活動する「和太鼓サスケ」が8月6日、「松任文化会館 ピーノ」(白山市古城町)で単独コンサート「太鼓道2023」を開催する。

石川県内の小中高生で活動する和太鼓サスケ

[広告]

 和太鼓サスケは白山市・金沢市・野々市市の小・中・高校生15人で活動する青少年和太鼓チーム。昨年度の日本太鼓ジュニアコンクールでは石川県大会で最優秀賞を、3月に「金沢歌劇座」(金沢市下本多町)で行われた全国大会では「石川県芸術文化協会賞」を、それぞれ受賞した。

 単独コンサートを行うのは3回目で、「いしかわ県民文化振興基金」の助成を受けて実施する。今回は初の試みとして、開催前日と当日の2日間、県内の小学生を対象としたワークショップを開催する。

 コンサートは2部制で、1部は、ワークショップ参加の子どもたちの成果発表のほか、これまで大きな舞台などで披露してきた「定番曲」を中心に展開する。2部は、新曲やこれまでとは違う配置での演奏など、「和太鼓サスケの新しい挑戦」をテーマに構成する。

 リーダーを務める「金沢辰巳丘高校」(金沢市末町)3年の奥村魅音さんは、6月に「金沢百万石まつり」で女性初の大太鼓奏者として演奏し、長野県で行われた「世界和太鼓打ち比べコンテスト」の一人打ち女子の部で最年少での優勝を果たした。

 奥村さんは「メンバーの多くは小学生以下から和太鼓と触れ合ってきた。自分たちの経験を生かし、和太鼓未経験の子どもたちにも楽しさを伝えられたら。コンサートには、お客さんに最高の演奏が届けられるよう、メンバー全員で力を合わせて挑みたい」と意気込む。

 13時開場。14時開演。入場無料だが整理券が必要。整理券は「松任文化会館ピーノ」のほか「松任学習センタープララ」(古城町)、「浅野太鼓楽器店」(福留町)、「太鼓の泉響和館」(水島町)で配布する。

後援申請20141009
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース