買う

金沢市郊外に焼きたて食パンの専門店 パティシエ考案プリンの製法で耳までやわらかく

「藤江パン」店内の様子

「藤江パン」店内の様子

  • 3

  •  

 パティシエが考案したレシピの食パン専門店「藤江パン」(金沢市藤江北)が3月20日、金沢市郊外にオープンした。

【VRで読む】近くの「藤江パン」の外観

 「JIP」(森山)が運営する同店。神奈川県川崎市に昨年5月、1号店「久地パン」がオープンした。金沢では「三池パン」(金沢市三池町)に続き2店舗目。全国では4店舗目となる。店舗面積は約25平方メートル。

[広告]

 「毎日何度でも食べたくなる。毎日を豊かにするパンとの出会い」をコンセプトとする同店。「あるパティシエが食パンをプリン用のボタンで焼いてしまった偶然から生まれた」というレシピは、これまでにない滑らかな食感に仕上がったという。

 やわらかすぎていびつに崩れることから、食パンの形にするため1年をかけて研究を重ね完成させた。スチームでしっとりと焼き上げ、やわらかさを損なうことなく水分を含み耳までやわらかく仕上げたとろける食感が特徴。温かさと香りまで焼きたての風味を楽しめるよう、通常の食パンよりも一回り小ぶりにした。

 大量生産は行わず、「生食パン」(600円)、「焼食パン」(500円)をそれぞれ1日100本限定で販売し、売り切れ次第終了する。今後は「チョコ食パン」「レーズン食パン」「チーズ食パン」など、先行する他店の人気筋を踏まえたフレーバーパンも導入する。

 今後の展開について、JIP社長の河村征治さんは「全国的に高級食パンのブームがあるが、地元の人が焼きたてのパンを朝食から楽しめる直売所にこだわりたい」と話し、北海道や千葉など全国展開を計画する。

 営業時間は7時~15時(売り切れ次第終了)。月曜・火曜定休。

後援申請20141009
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース