見る・遊ぶ

「KOGEI Art Fair Kanazawa」国内外のギャラリーが参加 オンラインで一堂に

113人の作家による質の高い工芸作品が並ぶ

113人の作家による質の高い工芸作品が並ぶ

  • 75

  •  

 国内唯一、工芸に特化したアートフェア「KOGEI Art Fair Kanazawa 2020 ONLINE」が、11月13日、オンラインで始まった。

日本唯一の工芸に特化したアートフェア

 工芸の新しい美意識や価値観を「KOGEI」として世界に発信することを目的に、2017(平成29)年から毎年開いているもので、陶磁・金工・染色・漆・ガラス・人形など幅広い作品が一堂に並ぶ。4回目となる今年は、新型コロナウイルスの影響により、これまでのホテルアートフェア形式に代えて、約1カ月間のオンライン開催とした。

[広告]

 「工芸を愛する人に」をテーマに、国内外の22ギャラリーが参加。気鋭の若手から、世界で活躍するアーティスト、富本憲吉や北大路魯山人など日本を代表する作家まで113人による222点が出品されている。個々の作品ページでは、さまざまな角度から鑑賞でき、購入も可能。

 期間中、ウェブセミナーのライブ配信も予定する。11月21日には、アートコレクターとして芸術への造詣が深いスマイルズ社長の遠山正道さん、東京芸術大学大学美術館館長の秋元雄史さん、11月28日は前文化庁長官で石川県立美術館館長に就任した青柳正規さんが登壇予定。受講無料。オンラインからの申し込みが必要。

 11月18日13時までは招待者限定での公開で、一般公開はその後となる。12月18日まで。

後援申請20141009