食べる

金沢市中心部にすしダイニング「シフクノオト」 インスタ映えの「階段寿司」も

「シフクノオト 金澤寿司ダイニング」が看板にする階段寿司

「シフクノオト 金澤寿司ダイニング」が看板にする階段寿司

  •  
  •  

 カジュアルにすしと一品料理を楽しめる「シフクノオト 金澤寿司(すし)ダイニング」(金沢市高岡町、TEL076-256-0429)が4月25日、金沢市中心部にオープンした。

【VRで読む】「南町」交差点近くにオープンした「シフクノオト 金澤寿司ダイニング」

 「金沢ですし屋というと敷居が高いイメージだが、観光客や若い世代、外国人の方にも気軽に楽しんでもらえるような店を作りたかった」と同店オーナーの種本淳一さん。地元金沢と東京の回転ずし店で経験を積んだ。モダンな雰囲気にまとめた店内には、カウンター7席とテーブル28席を設ける。

[広告]

 すしメニューは、盛り合わせ(5貫=1,250円、10貫=2,500円、20貫=5,000円)で1貫からの注文も可能。オーダーメードしたという階段型の器で提供する「階段寿司」はインスタ映えすると人気。英語メニューを用意するほか、女性客を意識した一品料理などメニューにも工夫を凝らす。

 一品料理は「炙(あぶ)りのどぐろ飯」(1,600円)、「甘海老(あまえび)団子」(1個300円)、「蟹(かに)面グラタン」(700円)、「加賀れんこん団子」(4個600円)、「厚切り能登豚の生姜(しょうが)焼き」(1,000円)、「加賀生麩(なまふ)田楽」(750円)など、地物食材を使ったメニューをラインアップ。

 コース料理は9品が付く「スタンダードコース」(3,500円)、10品の「シフクコース」(5,000円)のほか、チーズフォンデュが付いた6品の「女子会プラン」(2,800円)を用意し、20人ほどの団体にも対応する。

 店名の「シフクノオト」は「至福のひとときを過ごしてもらいたい」との思いから付けたというが、種本さんは「実は大ファンのMr.Childrenのアルバムから。今後はギターを使ったライブなども実現できれば」と話す。

 営業時間は17時30分~22時30分(日曜・祝日は22時まで)。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加