食べる

金沢のフランス菓子店が移転 地元食材を取り入れたタルトやマカロンが看板商品

看板商品のマカロンなど本格フランス菓子を提供

看板商品のマカロンなど本格フランス菓子を提供

  •  

 フランス菓子店「パリのおかしやさん La Peinture(ラ・パンテュール)」(金沢市泉野出町2、TEL 076-207-9003)が11月2日、金沢泉丘郵便局近くにオープンした。

【VRで読む】泉野出町にオープンした「パリのおかしやさん La Peinture」

 オーナーシェフの進地美穂さんは2011年にパティシエの腕を磨くため、フランス菓子の本場・パリで1年間修業。2013年の12月に故郷の金沢に店を構え、現在の場所に移転オープンした。

[広告]

 進地さんが作るのは本格的なフランス菓子に、地元の食材を組み合わせ、健康にも気を使ったケーキや焼き菓子。金沢市から「金沢の手みやげ」として認定された「パリ・エ・金澤タルト」(417円)や、人工着色料や膨張剤などを使わず、加賀野菜や加賀みそ、加賀棒茶、能登ワインなどの素材を皮やクリームに練り込んだ9種類の「からだにやさしいしあわせマカロン」(362円~)などを看板商品に掲げる。月曜・木曜・金曜の16時からは「夕刻市」として、日替わりの焼きたて菓子を販売する。

 店内には洋菓子の販売コーナーのほか、テーブル3卓10席のカフェスペースを設ける。カフェスペースではドリンクや「ケーキセット」(920円)、抹茶と好きなマカロンを選べる「抹茶セット」(820円)を提供。砂糖菓子でもあるマカロンを茶道の先生がお茶菓子として購入するため来店していたことが、メニュー化のきっかけになった。抹茶は注文を受けるたびに一杯ずつたてて提供する。土曜と日曜は1日10食限定の「プチランチ」(1,100円、価格は全て税別)も。店内で焼く本日のパニーニに、選べるタルトとドリンクが付く。

 進地さんは「本場のフランス菓子は日本のケーキのように生クリームを多用せず、素材の味を生かして作る。日本では珍しいフランスの野菜や材料と地元食材を融合させ、素材の特徴を生かした、おしゃれで健康的な新感覚スイーツを多くの方に楽しんでいただきたい」と話す。

 営業時間は10時30分~18時30分。火曜・水曜定休。