見る・遊ぶ

金沢で「私だけの縄文クッキー作り」 縄文時代に思いはせものづくり体験

縄文クッキーのイメージ

縄文クッキーのイメージ

  •  

 つまみぐみ講座「私だけの縄文クッキー作り 土器にする?土偶にする?」が11月8日、武蔵が辻のギャラリー「金沢アートグミ」(金沢市青草町88、TEL 076-225-7780)で開催される。

12月までのつまみぐみ講座の案内

 「つまみぐみ講座」は、同ギャラリーに縁のある作家や専門家を招き、普段の生活では触れることのない、スペシャルな知識を「つまみぐい」できる場。「アートに彩られた豊かな生活を送ってほしい」との願いを込めて毎月一度、木曜夜に開催している。

[広告]

 作品を通じて自然観察などの身近なものが考古学や美術とつながっていることを楽しむ活動をする金沢出身の美術家・山内崇祠さんが講師を務める今回の講座。当日は、縄文時代の土器や土偶をモチーフに、現在の自分にとってリアリティーのあるものを届ける気持ちで「縄文クッキー」を作るという。

 同ギャラリー常駐スタッフで理事の上田陽子さんは「普段の自分や今の時代を見つめ直す契機になると思う。忙しいと感じる方にこそ、参加いただけたら」と話す。「同講座はただのクッキー作りではない。金沢の古代を知り、身の周りのモノやシンボルを形作るまたとない機会として、皆さんと頭にも胃にもうれしい時間を過ごせたら」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は19時~20時30分。参加費は1,500円。定員15人。参加は電話もしくはメール(info@artgummi.com)で受け付ける。