食べる

金沢にカフェ新店「&sand」 コーヒーとサンドイッチ看板に夫婦で念願の開業

店主の穴田祐介さん、綾子さん夫妻

店主の穴田祐介さん、綾子さん夫妻

  •  

 カフェ「&sand(アンドサンド)」(金沢市新保本3、TEL 076-249-4620)が9月25日、住宅や店舗のリノベーションなどを手掛ける「ノスタルジックカンパニー F.I.E(フィー)」の一角にオープンした。

【VRで読む】金沢市新保本にオープンしたカフェ「&sand」

 店主の穴田祐介さん、綾子さん夫妻は、それぞれ飲食店で接客や製造などに携わり、いつか自分の店を持ちたいと夢を抱いていたという。結婚後、2人の経験を生かしてコーヒーとサンドイッチを看板にしたカフェを作ることを決意。物件を探し始めたところ、自宅のリノベーションを依頼した同社が社内にカフェを作りたいと思っていることが分かり、同社の事務所に併設する形で開業することになった。おしゃれでゆったりとした店内には、テーブル12席とカウンター6席を設ける。

[広告]

 コーヒー(450円~)は、オランダ・アムステルダムの人気カフェ「white label coffee」のコーヒーや北欧のフルーティーなコーヒーなど、綾子さんがおいしいと思った銘柄を中心にそろえている。

 サンドイッチは、当日焼きたてのパンと地元産の野菜や果物などを使い、作り置きはせず、出来たてを提供。人気は「エビアボカド」(800円)、「だし巻きたまご」(630円)。綾子さんは「ふわふわのパンと手作りの具材を味わってほしい」と話す。

 モーニング(7時30分~11時)では、バルミューダのトースターで焼いた「トースト」(350円)、ふわふわに焼き上げた「フレンチトースト」(400円)、ランチ(11時~16時)では、サンドイッチに加えて「カレー」「ウィークリーランチ」(以上700円)も提供する。

 「『その日1日が少しでも良い日になりますように』という思いを込めて営業している」という綾子さん。「コーヒーを飲んでゆったりとした気分になったり、サンドイッチを食べて幸せな気持ちになったりしていただけたらうれしい」と話す。「今後はコーヒーの味や香りを評価するカッピングなどイベントやワークショップも行っていきたい」とも。

 営業時間は7時30分~16時。木曜・第3水曜定休。