食べる

金沢に倉庫を改装したカフェ 自家焙煎コーヒー、モーニングも

ラテアートで女性に人気の「ラテ」

ラテアートで女性に人気の「ラテ」

  •  
  •  

 金沢の安原工業団地内にカフェ「第3倉庫 COFFEE ROASTERS」(金沢市打木東、TEL 076-240-3455)がオープンして約2カ月がたった。

【パノラマVR】金沢の安原工業団地内のカフェ「第3倉庫 COFFEE ROASTERS」

 リサイクルや堆肥販売などを行うミナト環境サービス(専光寺町)が手掛ける同店。元建具店の倉庫を改装した開放感ある店内に約60席を設け、オーバーオールを身に着けたワークスタイルのスタッフが対応する。

[広告]

 看板メニューは、好みに合わせて豆を選ぶことができる自家焙煎(ばいせん)の「コーヒー」(450~480円)。ハートやリーフなどのラテアートを施した「ラテ」(500円)は女性を中心に人気を集める。

 7時~9時はトーストまたはフレンチトーストとベーコンエッグなどを組み合わせた「モーニングプレート」(600円)、11時~14時はカレー、パスタなどから選べる「ランチセット」(1,100円)を提供。このほかタマネギとキュウリがアクセントの「たまごサンド」(480円)、特製のオーロラソースをかけた「チキンアボカドサンド」(600円)などのアラカルトメニューも。

 店内にはオーディオ機器も設置し、店内に備えるレコード、CDのほか、客が持ち込んだレコードをかけることもあるという。

 バリスタ・ロースターの河口純さんは「コーヒー豆や焙煎方法にもっとこだわって、皆さんに楽しんでいただけるメニューを提供していきたい」と話す。「関連会社の『ありがとう地球』(白山市)で使用済みのコーヒー豆から作った肥料を使って育てた野菜を取り入れたフードメニューも考えている。さまざまなことにチャレンジしていければ」とも。

 営業時間は7時~17時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009