湯涌温泉に足湯と野外ステージ-温泉街の新しいシンボルに

湯涌温泉に誕生した「白鷺の足湯」

湯涌温泉に誕生した「白鷺の足湯」

  •  
  •  

 「金沢の奥座敷」と呼ばれる湯涌(ゆわく)温泉の総湯「白鷺の湯」前に、足湯「白鷺の足湯」と野外ステージが誕生し、10月10日にオープニングセレモニーと完成記念イベントが開催された。

湯涌温泉で10日開催された足湯と野外ステージのオープニングセレモニー

 湯涌温泉は昨年7月に集中豪雨により多大な被害を受けた。セレモニーでは山出保市長があいさつを行い、被害からの復興に向けた地域住民や関係者らの努力をねぎらうとともに、「足湯とステージが、多くの人を湯涌に呼び寄せるきっかけになれば」と期待を寄せた。テープカットが行われた後、地元小学生らによる太鼓などのアトラクションがステージ上で繰り広げられた。

[広告]

 足湯は湯涌温泉街で多く見られる木格子をデザインに取り入れ、戸室石や金箔を使用して金沢らしさも演出した。利用無料。9時~21時。第3木曜定休。

 今月18日には完成記念イベント第2弾として、少年少女12人によるスイスの国民的ジャズビッグバンド「スイングキッズ」が登場する「第2回 金沢~スイス『空を駆けるジャズ』」が開催される。14時~16時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加