買う

金沢から水引で「平和の祈り」コロナ終息願い、売り上げの一部を医療従事者へ寄付も

金沢の水引工房が「平和の祈り」込めて制作した風鈴

金沢の水引工房が「平和の祈り」込めて制作した風鈴

  • 66

  •  

 金沢の水引工房兼ギャラリー「自遊花人」(金沢市清川町、TEL 076-244-6441)が6月1日、水引を使った風鈴「平和の祈り」を発売した。

 「平和の祈り」は今年開催予定だった平和の祭典・東京五輪をイメージしながら製作した商品だった。新型コロナウイルスの影響により五輪は延期になったが、「人と人、心と心を結ぶ」という意味の水引の結びに新型コロナウイルスの終息と世界平和への祈りを込め、予定通り発売を決めた。

[広告]

 風鈴のチャイム部分は、日本有数の眼鏡産地で知られる福井県鯖江市の職人が手掛ける。同社の柚森美枝子さんは「30年以上チタンの加工をしてきた職人に依頼し、他に類を見ない澄み切った音色になった。音色がきれいに響くよう、チャイムの取り付け位置を工夫した」と話す。

 カラーバリエーションはブルー&ゴールド、シルバー&ゴールドの水引を使った2種類。風鈴のイメージにも合わせて、涼しげな色味を選んだという。柚森さんは「商品一つ一つに思いを込めて製作し、ストーリーを作りながら商品名を決めているが、この風鈴への思いはなおのこと。心地よい音色と共に、平和の祈りが多くの人に届いてほしい」と話す。売り上げの一部は、医療従事者へ寄付する予定。

 価格は8,000円(税別)。同社ギャラリーのほか、オンラインショップでも販売する。ギャラリーの営業時間は10時~16時。日曜定休。

Stay at Home
後援申請20141009