見る・遊ぶ

金沢に写真を中心としたアートスペース ギャラリーレンタル、作品制作支援も

館長の迎崇さんと副館長の原一史さん

館長の迎崇さんと副館長の原一史さん

  •  
  •  

 写真を中心としたアート作品のレンタルギャラリー&スペース「be金沢」(金沢市東山2、TEL 090-1635-6118)が7月6日、金沢の東山にオープンした。

【VRで読む】東山のレンタルギャラリー&スペース「be金沢」

 館長の迎崇さんはITソリューションベンダー勤務などを経て、写真家として独立。現在は商業写真撮影の傍ら、自然風景をモチーフにした創作活動も行う。副館長の原一史さんは金属加工業に従事するうちに写真表現に興味を持ち、自身を表現するために写真展を開催するように。現在は肖像写真撮影プロジェクト「花彩写真館」で、カメラマンとアートディレクションを担当する。

[広告]

 2人はかつて自分で写真展を開催しようとした時、会場探しや展示作品の用紙選びやプリント、設営などに苦労した経験から、同じような思いをしている人たちをサポートできたらと同施設の立ち上げを決意したという。

 建物は築約100年の町家を改修。レンタルギャラリーは主に1階の土間、レンタルスペースは1階の8畳の和室1部屋と2階の8畳の和室2部屋。ギャラリーでは額のレンタルやプリント時のサポートなど、レンタルスペースではプロジェクターやスクリーン、ライティング機材などのレンタルも可能。ラボ機能として、カラーマネジメントされたモニターとプリント環境も備える。

 「『be』はbe動詞のbeで、写真表現を通じて一人一人が主役になれる場にしたいという気持ちを込めている」と迎さん。「初心者の方はもちろん、写真愛好家、ベテランの方までの『表現したい』『展示会を開きたい』という思いをお手伝いできれば」と話す。フォトレッスンや撮影会なども企画し、「多くの方に来ていただき、人の輪が広がる場になれば」とも。

 開館時間は10時~19時。水曜定休。利用料金は、レンタルギャラリーは6日間4万5,000円(9月末申し込み分までは3万円)、レンタルスペースは和室8畳平日3時間2,500円~(価格は全て税別)。

  • はてなブックマークに追加