見る・遊ぶ

金沢市中心部に新ホテル、露天風呂付き大浴場と交流の場目指すオープンカフェ

スーペリアツイン

スーペリアツイン

  •  
  •  

 「ザ・スクエアホテル金沢」(金沢市下堤町、TEL 076-221-2611)が11月27日、金沢市中心部にオープンした。

【VRで読む】近江町市場近くにオープンした「ザ・スクエアホテル金沢」

 全国展開するホテルチェーン「ソラーレホテルズアンドリゾーツ」(東京都港区)が運営し、「ザ・スクエアホテル」ブランドとしては銀座に続き2館目。「街と人がつながるスクエア」をコンセプトに、情報発信と人々が交流する場を目指す。

[広告]

 13階建ての館内は、カジュアルでモダンなデザインとし186室を設ける。1階に自動チェックイン機を備えたフロントとロビー、カフェレストラン「BANKERS STREET CAFE」があり、2~12階が客室。最上階には露天風呂とサウナ付きの大浴場や、24時間利用可能なフィットネスルームを設置する。

 客室や通路などは加賀五彩や友禅の色調で金沢らしさを表現。客室のタイプは、約半数を占めるスーペリアツインと同ダブル、ロフト付きファミリー向けのモデレートツイン(10室)、小上がり付きのデラックスツイン(22室)、1室5人の利用が可能なグランドツイン(11室)、ユニバーサル(1室)。料金はスーペリアツインで1室9,000円程度(季節により異なる)。

 「BANKERS STREET CAFE」は開放的な明るい雰囲気で、宿泊客以外も利用が可能。近隣の会社員などの利用も見込んだランチメニューも用意し、最大60人までの利用に対応する。オペレーションマネジャーの菅蒲修さんは「誰もが気軽に使える『交流の場』となれば」と話す。

 チェックインは15時~、チェックアウトは10時。「BANKERS STREET CAFE」の営業時間は7時~22時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

後援申請20141009