食べる

金沢の住宅地に精肉店直営の肉料理店 松阪牛の超長期飼育「大石牛」看板に

松阪牛 おまかせ盛り

松阪牛 おまかせ盛り

  •  

 精肉店直営の肉料理店「金澤力八」(金沢市西念、TEL 076-225-7880)が金沢駅から車で5分ほどの住宅地にオープンし1カ月がたった。

【VRで読む】精肉店直営の肉料理店「金澤力八」

 三重県松阪市に本社を置く精肉店「力八」が経営する同店。松阪牛と松阪豚のおいしさを味わってもらいたいとの思いで、オーナーに縁のある金沢で新店を構えた。モダンで落ち着いた雰囲気の店内に約100席を設け、ゆっくり高級肉を味わえる空間に仕上げた。近隣住民や会社員などの宴会やパーティー需要を見込み、客単価は6,000円程度。

[広告]

 松阪牛の中でも特に力を入れるのは、同社が直接契約する生産者・磯田浩利さんが飼育する「大石牛」。長期間かけ育てることで甘く上品な香りと良質な脂肪が特徴となり、しっかりと分かれた赤身部分ときめ細やかなサシのそれぞれのうま味を味わえるという。

 焼き肉メニューは「松阪牛おまかせ盛り」(2,500円)、「松阪牛焼きしゃぶ」(2,000円)、「松阪豚三昧」(1,800円)など。大石牛を使った「すき焼き」と「しゃぶしゃぶ」はコース(各1人前=1万5,000円)で用意する。一品料理は、松阪豚を使ったあらびきウィンナーと生ハム(各700円)、湯引きセンマイ(500円)など約40種。

 併設する精肉店では、松阪大石牛切り落とし(100グラム=680円)、焼き肉用カルビ(同800円)などのほか、「松阪豚とんかつ」(300円)、「大石牛コロッケ」(200円)など総菜も並び、電話予約すると揚げたてを購入することもできる。同店長の米村浩平さんは「生産者の顔が見える松阪大石牛や、松阪豚の味わいを楽しんでもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は17時~23時(土曜・日曜・祝日=12時~)。精肉店は11時~22時。