見る・遊ぶ

金沢で七尾出身の写真家・浦辺知恩さん初個展 病気を個性にメッセージ発信

金沢で浦辺知恩さん初写真展

金沢で浦辺知恩さん初写真展

  •  

 金沢の生活雑貨&カフェギャラリー「コニーズアイ」(金沢市武蔵町4、TEL 076-204-8431)で7月14日、浦辺知恩さんの初写真展「浦辺亮 33歳」が始まった。

浦辺知恩さんの写真展「浦辺亮 33歳」の会場の様子

 浦辺さんは七尾市生まれの33歳。もともと写真を撮るのが好きだったが、昨年夏、倶利迦羅山不動寺(津幡町)の万灯会・灯籠流しを見に行った際、その様子を一眼レフカメラで撮影する人の写真を目にし、奥行きがあり、自然に温かみを表現できる一眼レフカメラに衝撃を受けて、写真の世界に飛び込んだという。昨年秋には「七尾市美術展覧会」で初作品「愛のひとてま」が佳作を受賞した。

[広告]

 浦辺さんは生まれつき重度の皮膚疾患があり、小さいころから皮膚はしわしわ。そのため、つらい思いもたくさんしてきた。それを支えたのが「亮、負けんな。強くならな駄目やよ、といつも励ましてくれた母だった」というが、2012年、病気のため突然の別れを経験した。浦辺さんは今、「この体を唯一無二の個性と感じて、見た目のことを忘れるぐらいポジティブに生きられている」と笑顔を見せる。「知恩」という写真家としての名前は、「常に一緒にいられるように」と母の法名から取ったという。

 「自分にしか撮れないもので、自分の中にある思いを伝えられたら」と、主に自身の顔や手、足などをモチーフに写真を撮る。今回の写真展では、今年に入ってから撮った14点を展示する。カメラ歴1年未満での写真展開催は珍しいが、「やる前から諦めるのは嫌。動けば結果が付いてくるし、仲間もできる」と、会場の手配から展示まで自身で行ったという。

 浦辺さんは「見た目にコンプレックスを抱いていたり、病気のために人目を気にしてしまったりしている方に見ていただきたい。そして、それらを個性と捉えて新しい一歩を踏み出すきっかけにしてもらえたらうれしい」と話す。

 開催時間は11時~18時。水曜・木曜定休(祝日は営業)。入場無料。今月29日まで。