食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

金沢で企画展「北陸製菓100周年」 「ムーミンポップコーン缶」など新商品も

企画展「北陸製菓100周年」の様子

企画展「北陸製菓100周年」の様子

  •  

 金沢の生活雑貨&カフェギャラリー「コニーズアイ」(金沢市武蔵町4、TEL 076-204-8431)で4月1日、企画展「北陸製菓100周年 笑顔とともに歩んだ100年」が始まった。

新発売の「ムーミンポップコーン缶 こけももベリーキャラメル」

 「北陸製菓」(押野2)は1918(大正7)年、「日本あられ」として創業。県産もち米を原料にしたあられの生産から始めて、「世界に笑顔とおいしさを届ける」をコンセプトに、ビスケットや煎餅、カンパンなどの保存食、「ムーミン」などのキャラクターとのコラボ商品など多彩なお菓子を作り続けて、今月で100周年を迎えた。

[広告]

 今回は、同社のおやつを集めた特別企画。定番の「ハードビスケット」、動物由来の原材料不使用の「みんなのビスケット」、黒ごまがアクセントの「エブリデイカンパン」に加えて、「ムーミンビスケット ブラックココア」「缶入りピーターラビット」「はらぺこあおむしビスケット缶」などキャラクター商品も並ぶ。

 中でも注目は、この春発売したばかりの新商品2品。「ムーミンポップコーン缶 こけももベリーキャラメル」は、「ムーミン」とアメリカ・シアトルのポップコーンブランド「POP!グルメポップコーン」がコラボ。ムーミンの物語にも登場するベリーの一種「こけもも」の甘酸っぱい風味が特徴だという。

 「米蜜ビスケット シナモン&ジンジャー」は、老舗あめ店「あめの俵屋」(小橋町2)の「じろあめ」を使い、天然由来の自然な甘みに仕上げた「米蜜ビスケット」の新作。「シナモン&ジンジャー」は、小麦粉や乳、卵などの動物由来の原材料は使わず、アレルギーを持つ人にも対応する。

 同社企画開発部の尾澤洋二さんは「お客さまに支えられて、社員がバトンをつないで、ようやく100周年を迎えられた。今回のように当社の商品がズラッと並ぶ機会は少ないので、立ち寄って手に取っていただけたら」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~18時。水曜・木曜定休(祝日は営業)。入場無料。5月27日まで。