見る・遊ぶ 暮らす・働く

金沢の欧州向けPR動画「DANZA IN KANAZAWA」 金沢の洗練された美しさ表現

「DANZA IN KANAZAWA」の一場面(金沢駅)

「DANZA IN KANAZAWA」の一場面(金沢駅)

  •  
  •  

 金沢市が12月28日、ヨーロッパのハネムーン年齢層に向けて制作した金沢のプロモーション動画「DANZA IN KANAZAWA(ダンザ イン カナザワ)」を公開した。

「DANZA IN KANAZAWA」の一場面(金沢21世紀美術館)

 近年、ヨーロッパからのハネムーン先として日本の人気が高まり、特にイタリアは訪日旅行者の半数がハネムーンとなっている。そこで、ヨーロッパにおける金沢の認知度アップとウェブサイトへの誘導を図り、金沢への誘客をより拡大するために動画を制作し、活用することにしたという。

[広告]

 内容は、外国人カップルが金沢の町を舞台にモダンダンスを踊りながらお互いを探し合い、最後は金沢駅で出会って喜ぶというストーリー。兼六園、金沢城、主計町茶屋街、鈴木大拙館、金沢海みらい図書館、卯辰山公園見晴台、大乗寺丘陵公園など、金沢の伝統や文化が感じられる市内13カ所で撮影を行った。全世界に通用するよう説明は一切省いて、映像そのもので洗練された美しさが感じられるように表現したという。

 観光庁の広域観光周遊ルート形成促進事業を活用して、イタリアでは動画広告によって同動画に誘導している。今後は国内外の旅行イベントなどで活用するほか、ウェブでの拡散など一般利用も推進する。金沢をPRする目的であれば民間主催のイベントや商談会でも利用できるという。

 「地元の方を中心に『おしゃれでかっこいい』と評判は上々」と金沢市役所観光政策課の担当者。「ヨーロッパの方が金沢を『憧れのまち』『すてきなまち』と感じて、実際に足を運んでもらえたらうれしい。日本の方にもあらためて金沢の魅力を感じていただけたら」と話す。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

後援申請20141009