暮らす・働く 学ぶ・知る

金沢でライブオフィスオープン記念イベント 働き方改革の取り組み紹介

働き方改革の実践報告をする山岸社長

働き方改革の実践報告をする山岸社長

  •  

 金沢の粟崎にある山岸製作所のライブオフィス「L'SCENA(リシェーナ)」で12月1日、オープン記念イベント「働き方改革実践レポート&オフィス見学会」が開催された。

【パノラマVR】オフィス見学会の様子

 2036年に100周年を迎える同社が「新しい働き方とオフィス家具を見せる場所」としてオープンしたライブオフィス。同社でも多く挙がった「職場の問題」を改善してきた経験を基に、問題解決を提案するプロフェッショナル集団になっていくことが目的という。

[広告]

 イベント当日の「働き方改革実践レポート」では、「コミュニケーション」「効率化」「見える化」をキーワードに紹介。「コミュニケーション」では業務フロアのフリーアドレス化、健康経営として立ち会議などの事例、「効率化」ではタブレットPCの導入、書類を94%削減したペーパーレス化の事例、「見える化」では顧客情報や倉庫の在庫状況、社員スケジュールなどの情報共有の事例などについて話した。

 質疑応答では、高齢の社員を持つ経営者から「タブレットPCへの転換で苦労したことはなかったか」という質問を受け、同社社長の山岸晋作さんは「現在使っているPCと新しいタブレットPCを一緒に使う期間を設けて徐々に慣れてもらった。PCの使い方に関する勉強会なども豊富に行った」と回答。社員全員で改革に取り組んでいる姿勢を見せた。

 山岸さんは「働き方改革をしてみると、プロジェクトメンバーの思いとは違った使われ方をすることも見えてくる。今後もトライアンドエラーを繰り返しながらお客さまに問題解決の提案をしていけたら」と話す。