食べる

野々市にメロンパン専門店、北陸初出店 高級食材使い焼きたてにこだわり

「Melon de melon 野々市御経塚店」の外観

「Melon de melon 野々市御経塚店」の外観

  •  

 イオン御経塚店近くに9月23日、メロンパン専門店「Melon de melon 野々市御経塚店」(野々市市御経塚1、TEL 076-287-3877)がオープンした。

【パノラマVR】野々市市にオープンした「Melon de melon 野々市御経塚店」

 2015年に東京都文京区内に「千駄木店」として1号店をオープンした「Melon de melon」は、この2年で全国展開を続け、30店舗目となる同店で北陸初出店を果たす。店長の水野達弥さんは「地元である静岡県三島市に帰った際、三島広小路店に行列ができていた。並んで食べてみたところ、そのおいしさに感動し、まだ出店がない北陸地区でも多くの方に食べていただきたいと思った」と開店のいきさつを話す。

[広告]

 提供するのはヨーロッパ産のバターや小麦粉をふんだんに使った焼きたての「プレーンメロンパン」(190円)など。メロンパンだけでも「いちごメロンパン」「チョコチョコメロンパン」(以上210円)など常時9種類と季節限定商品数種類を販売する。生地にヨーロッパ産発酵バターを100%使った「クロワッサン」(180円)や「アップルパイ」(280円)も人気が高いという。

 テークアウト専門の店舗は大きなメロンパンの看板が通りからも目立ち、「おしゃれでインスタ映えする店舗デザインも人気の一つ」と水野さん。「常に焼きたてで提供できるよう、焼き上がりの時間にも配慮し、作り置きはしないよう心掛けている。高級食材ならではの風味の違いを感じていただけるはず。外はサクサク、中はふんわりの食感を味わっていただきたい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時~20時。