見る・遊ぶ 暮らす・働く

金沢駅前にゲストハウス 「安心」「安さ」など売りに、女性専用部屋も

金沢駅の鼓門を臨む共有スペース

金沢駅の鼓門を臨む共有スペース

  •  
  •  

 金沢駅前に11月18日、ゲストハウス「Blue Hour Kanazawa(ブルーアワー カナザワ)」(金沢市此花町、TEL 080-3749-7657)がオープンした。

【パノラマVR】金沢駅近くにオープンしたゲストハウス「Blue Hour Kanazawa」

 昨年オープンした外国人ターゲットのゲストハウス「Good Neighbors Hostel(グッドネイバーズ ホステル)」(此花町)のオーナー・吉岡拓也さんが2店舗目として開業。今回は「旅のわくわく感」「宿泊の安心」「徹底的な安さ」を満たす、日本人も安心して泊まれるゲストハウスを目指す。

[広告]

 場所は、金沢駅兼六園口(東口)から徒歩3分のテナントビル「ライブ1ビル」の3階ワンフロアで、広さは220平方メートル。客室は全てドミトリー(相部屋)で、男女共用の部屋(定員29人)と女性専用の部屋(定員14人)の2部屋。ベッドは壁で仕切られ、ゆったりとプライベート空間を確保できる。ロビーやシャワールームなど共有スペースも設ける。

 大通りに面した窓際からは、金沢駅の鼓門を望むことができる。Blue Hourには「日の出前と日の入り後に出現する空が濃い青に染まる時間帯」という意味があり、この窓からの眺めなどから名付けたという。

 マネジャーの東昂拓さんは「駅から近く大通りに面した立地の良さが魅力。室内は静かで広く『ぐっすり眠れる』など好評を頂いている。女性専用スペースの入り口には鍵が付いていて、女性も安心して利用していただける」と話す。「観光や仕事はもちろん、終電を逃した時の宿泊など地元の方にも気軽に活用してもらえたら」とも。

 宿泊料金(1泊)は、1人=3,000円、土曜・日曜・祝前日・繁忙期=3,500円。チェックイン10時~24時、チェックアウト10時30分まで。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009