食べる

金沢のメード喫茶「めいどりぃた」が再開

メイド店員が「魔法」を掛けてくれるパフォーマンス

メイド店員が「魔法」を掛けてくれるパフォーマンス

  •  

 金沢市の「アキバ系」ビルとして展開する「BELSEL」(竪町24)3階のメード喫茶「めいどりぃた」(TEL 050-7513-8154)が3月23日、リニューアルオープンした。

「めいどりぃた」―北陸三県で唯一のメード喫茶

 今年1月に人手不足が原因で一時閉店した同店。営業再開に向けメード店員の求人を出したところ、募集人数を大幅に超える応募があり、メード長の「のんちゃん」を中心に総勢9人で再出発に踏み出した。

[広告]

 同店を経営するのは、同じ「タテマチストリート」内でメンズ向け洋服店「R S T」を営む網伸一さんで、アパレル関係の展示会で秋葉原を訪れた際、立ち寄ったメード喫茶に衝撃を受けたという。北陸3県に1店舗もなかったメード喫茶を竪町に開店することで、「買い物客が減少傾向にある同ストリートの活性化につながれば」と語る。

 店内はピンクと白の内装で「非日常」を演出、テーブル席8卓16席を設ける。メニューはメード店員が希望の文字や絵をケチャップで「お絵かき」する「オムライス」(1,100円)や、目の前でシェーカーを振って作る「めいどシェーカー」(1,000円)など、メード喫茶ならではの個性的なものも多く、全商品に「おいしくなる魔法」をかけるパフォーマンスサービスが付く。

 メード店員の「めぃちゃん」は、「お客さまが期待しているのは、いつもとは違う空間。満足した気持ちでお出掛け(退店)していただけるよう頑張りたい」と意気込みを見せる。

 別途お給仕代(テーブルチャージ)1人=500円が必要。ワンオーダー制。営業時間は14時~20時。水曜定休。

後援申請20141009