見る・遊ぶ

金沢市民芸術村に7つの「架空」の店-女性デザイナー7人が提案

宇野たまこさんの「わ」。和のやさしさとシンプルさを基調に花・器・口・気・香(かきくけこ)のおもてなしを提案。

宇野たまこさんの「わ」。和のやさしさとシンプルさを基調に花・器・口・気・香(かきくけこ)のおもてなしを提案。

  •  
  •  

 金沢市民芸術村(金沢市大和町1)で現在、女性グラフィックデザイナー7人が「架空の店」をプレゼンテーションする企画展「かなざわ女子店舗」が開催されている。

かなざわ女子店舗会場風景

 金沢市民芸術村アート工房ディレクターの荒川昭広さんが開催を呼び掛け、金沢を中心に活動する女性グラフィックデザイナー7人が企画した同展。出展者がそれぞれ独自の切り口でコンセプトを決め、商品計画やディスプレー計画を練って「架空の店」を提案する。

[広告]

 会場のアート工房は7つのスペースに区切られ、影をテーマにした物語性のあるキャンドルショップや、おもてなしのためのコーディネートショップ、人と犬が毎日笑顔でいられるための「ワンコグッズ」ショップなど、自由な発想とプロのデザイナーとしての視点が盛り込まれた店舗がそれぞれ、プレゼンテーションを行っている。

 同展の総合ディレクションを務める一二明子さんは「デザインは単にモノのかたちを整える作業ではなく、企業の経営戦略や商品開発、マーケティングに深く関わるクリエーティブな仕事。表面的な部分だけでなく、デザインされたモノの背景にあるプロセスを感じてもらえれば」と話し、来場を呼び掛けている。

 開催時間は10時~18時。入場無料。9月25日まで。24日はコミュニケーションカフェ(15時~、参加無料)も開き、出展者による作品解説も行う。

  • はてなブックマークに追加