食べる

金沢駅前にすし居酒屋「や台ずし」が北陸初出店、地物食材使ったメニューも

「や台ずし」の外観

「や台ずし」の外観

  • 6

  •  

 職人が握るすしと一品料理を提供するすし居酒屋「や台ずし金沢本町」(金沢市本町、TEL 076-222-5528)が5月13日、金沢駅前にオープンした。運営はヨシックスホールディングス」(名古屋市)。

【VRで読む】「本町」交差点近くの「や台ずし金沢本町」

[広告]

 居酒屋などの飲食店を手がける同社。「や台ずし」は都市部郊外への出店が多く、同店は全国286店舗目。地方への出店を進める中、北陸3県には初出店となる。

 「江戸時代のすし屋のように普段着で1人でも気軽にふらっと立ち寄り、つまみとしてすしや一品料理を楽しめる店」をコンセプトに、店づくりではあえて高級感を出さないという。テイクアウトで使う器は木製の折りを採用した。

 店内にはカウンター10席、テーブル16席、掘りごたつ26席を設ける。客単価は3,000円程度。価格は、寿司(すし)盛(梅9貫)=989円、同(松10貫)=1,869円、ぜいたく(10貫)=2,749円。すしの単品は1貫59円から用意する。地物食材を使ったメニューも季節ごとに提供。現在は「バイガイの刺し身」(989円)、「ノドグロの炙(あぶ)り」(1,099円)、「白エビの軍艦」(549円)などを用意する。

 同店の森隆将さんは「思った以上に平日の早い時間に来店するお客さまも多く、1日に3回転する日もある。今後はデリバリーでの提供も予定しているので、ぜひ利用してもらえれば」と話す。

 営業時間は16時~翌1時。

後援申請20141009
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース