食べる 見る・遊ぶ

安産日吉神社に隣接のカフェが1周年 安産祈願お守りの委託授与も

神社の敷地に隣接するYASUMARUごはんcafe

神社の敷地に隣接するYASUMARUごはんcafe

  • 2

  •  

 「YASUMARUごはんcafe」(白山市平加町、TEL 076-259-1309)が旧美川町の安産(やすまる)日吉神社横にオープンして、1年がたった。

【VRで読む】旧美川町の安産神社に隣接する「YASUMARUごはんcafe」

 安産祈願のパワースポットとして県内外から人が訪れるという同社だが、通常は無人で周辺には飲食店や土産屋などもなかった。せっかく来た人がお守りや土産を購入したり、食事や休憩したりする場所を作りたいと同社や有志が出資し、カフェの開業に至ったという。

[広告]

 店舗面積は、約82平方メートル。木材を多用し、開放的な雰囲気の店内には、カウンター4席、テーブル8卓28席を設ける。

 料理やドリンクなど全てのメニューには、店舗前に湧き出す「白山美川伏流水群」の水を使う。「南ハチミツ」(同)の蜂蜜を使ったスイーツや、「美川タンパク」(長屋町)の豆腐や揚げなど、地元食材を取り入れた料理も提供。「キーマカレー」(800円)や季節などに合わせて内容が変わる「おすすめランチ」(1,000円)も人気だという。周辺の畑で採れた農作物なども使い、新鮮さや旬を意識した。

 店内では安産祈願お守りの委託授与も行い、地元の小児科「多賀クリック」(美川和波町)多賀千之医師が執筆した冊子も合わせてプレゼントしている。店主の北村恵子さんは「美川の魅力を広く伝えるために町おこしの一環として、役立ちたい。美川の古民家をリノベーションした宿泊施設とのコラボ企画も行っている。地元客や女性客も多く、ペット連れでも来店可能なので、多くの人に足を運んでもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~18時(予約があれば21時まで)、水曜と第2・4日曜定休。

Stay at Home
後援申請20141009