3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

金沢市中心部に朝から深夜まで営業のカフェ&バル 時間帯ごとに使い勝手良く

金沢にオープンしたカフェ&バル「HELLO TABLE」の外観

金沢にオープンしたカフェ&バル「HELLO TABLE」の外観

  •  
  •  

 カフェ&バル「HELLO TABLE(ハロー・テーブル)」(金沢市片町、TEL 076-254-1535)が12月16日、金沢市中心部にオープンした。

【VRで読む】金沢市片町の商業施設「プレーゴ」内に開店した「HELLO TABLE」

 空き店舗が目立っていた商業施設「プレーゴ」内に、市内で飲食店を手掛ける「H.T.TRAIN,Inc.」が3店舗目として開いた。「北陸新幹線開業後、観光客が増えホテルユーザーの利便性も考えた」と社長の彦坂浩二さん。地元客なども幅広く利用することを想定し、モーニング、カフェタイムからディナーまで通しで営業する。

[広告]

 常に市内の物件をチェックしているという彦坂さんは「その立地からストーリーを考え店のテーマを決める」と話す。スタイリッシュにまとめた店内にはカウンターとテーブル席で60席を設け、結婚式やパーティーでの利用も視野に入れる。

 今週から提供を始めた朝食メニューの「サンドイッチ」(700円)の具材はアボカド・ベーコン・スクランブルエッグ、ミニサラダとミニスープが付く。ホテルで朝食を予約しない観光客や、地元会社員などの利用を見込む。カフェタイムの人気筋は「特製クラシックパンケーキ」(800円)や、美肌効果が期待される食材を使ったスムージー「マキベリービューティー」(650円)など。

 ランチタイムに提供する「その日のさまざまなDELIの詰め合わせプレート」(1,400円)には、ライ麦パンか十五穀米にミニスープが付く。ディナータイムは創作バルとして「アンガス牛の肩ロース」(1,600円)など多様なメニューを用意し、客単価は5,000円程度(価格は全て税別)。

 彦坂さんは「ライブ感のあるキッチンを設け、お客さまとスタッフの距離感を考えた空間作りを心掛けた。若い世代の人たちがわざわざ行ってみたいと思えるような店にしたい。さまざまなシーンで利用してもらえれば」と話す。

 営業時間はカフェタイム=8時~18時、ランチタイム=11時~15時、ディナータイム=18時~翌1時。日曜のディナータイムのみ休み。

Stay at Home
後援申請20141009