食べる

金沢の老舗カレー店「三休庵」が閉店へ 建物の老朽化などで35年の歴史に幕

地元客を中心に愛される「三休庵」の外観

地元客を中心に愛される「三休庵」の外観

  •  
  •  

 金沢の老舗カレー店「三休庵」(金沢市駅西新町3、TEL 076-237-3739)が11月30日で閉店し、35年間の営業に幕を閉じる。

【VRで読む】金沢で35年営業してきた老舗カレー店「三休庵」が閉店

 オープン以来、地元客を中心に口コミで知名度を上げ、「おいしいカレー店」として有名な同店。6年前に先代から店を受け継いだ2代目店主の新田ひろみさんが、夫婦で開店当時からの味を守り続けてきた。

[広告]

 今回、建物や設備の老朽化に伴い、新田さんも引退を決意。現店舗は閉店し、取り壊されることになった。

 看板に掲げる「和風カレー」はこだわりの食材を入れて4~5時間炊き上げ、スパイシーな中にも自然な甘みを感じる。1日150食前後を販売し、人気は「カツカレー」(1,000円)や「お薦め」という「エビカレー」(880円)。閉店が決まって以来、常連客をはじめ多くの人が来店し、思い出の味に名残を惜しんでいる。

 新田さんは「今はただ、目の前の営業を精いっぱいこなしながら、閉店の日を迎えたい」と話した。

 営業時間は11時~14時30分、18時~20時30分。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009