見る・遊ぶ

金沢ゆめ街道で「珠洲エキゾ盆踊り」初披露 薄れゆく文化を魅力的に発信

「珠洲エキゾ盆踊り」練習の様子

「珠洲エキゾ盆踊り」練習の様子

  •  
  •  

 珠洲市の郷土民謡「珠洲ちょんがり」にベリーダンスの要素を加えてアレンジした「珠洲エキゾ盆踊り」が8月10日、金沢ゆめ街道で初披露される。

 企画プロデュースするのは、「kanazaWAZA研究所」。石川における工芸・舞踊、音楽などの文化や技の普及と発展を支援し、「かっこよくおしゃれで新しい文化」を発信する活動をしている。過去にはトラディショナルショー「てんぐ」を開催し、鼓・笛・太鼓の伝統文化とVJの最新技術を掛け合わせたイベントを成功させている。

[広告]

 地域過疎化が進む地域の文化の中で、特に派手さの少ない踊りや歌は担い手不足が深刻化している。同団体で薄れゆく文化を発掘し、魅力ある形にアレンジし、発信できるようプロジェクト化。今回は珠洲市の郷土民謡「珠洲ちょんがり」にスポットを当てる。

 踊りには元の振り付けにエキゾチックなベリーダンスの要素を加え、新旧どちらの振り付けも踊れるようアレンジ。若い年齢層にも受け入れてもらえるような色彩豊かな衣装に身を包み、小物には踊り手それぞれのこだわりの品も含まれており、個性も楽しめるという。同プロジェクトの踊り手への講習会では振付師のNourahさんや珠洲ちょんがり保存会が参加し指導した。

 所長の澤田雅美さんは「このプロジェクトをきっかけに『郷土文化』を広く知り、体験していただきたい。盆踊りなので、たくさんの一般の方にも加わっていただき、一緒に踊っていただけたら」と話す。

 出演時間は19時10分~19時30分。場所は北國新聞社前ステージ。

  • はてなブックマークに追加