食べる

金沢に第六感刺激するパフォーマンスバル、肉料理・チーズ料理看板に

ファイヤーパフォーマンスの様子

ファイヤーパフォーマンスの様子

  •  
  •  

 「第六感を刺激するエンターテインメントレストラン」として「ROY G.BIVS(ロイ・ジー・ビブス)」(金沢市本町、TEL 076-260-0029)が5月12日、金沢駅近くにオープンした。

【VRで読む】六枚交差点近くにオープンした「ROY G.BIVS」

 金沢出身のオーナー横越幹規さんは「MOTOKI」として国内外で活躍するパフォーマー。火の力に魅了され北陸のファイヤーパフォーマンス界のパイオニアとして、2005(平成17)年にファイヤー集団「hinoko」を結成。さまざまなイベントやCM、テレビ、祭りに出演している。

[広告]

 パフォーマーとして活躍するまでの飲食業、便利屋などさまざまな経験を生かし、自身の夢と趣味を詰め込んだという同店。ファイヤーパフォーマンスやジャグリングなどのライブと、肉料理と世界各国のチーズを提供する。店舗面積は34坪でカウンター、テーブル、個室の計50席を設け、立食で90人まで対応する。客単価は4,000~5,000円程度。

 肉料理は、A5ランク黒毛和牛のステーキ「A5モーモー」(450グラム=5,980円、225グラム=2,980円、110グラム=1,480円)のほか、骨付きソーセージをボイルしてから鉄板で焼き上げる「ブーブー腸詰焼き」(780円)、骨付きラムステーキを赤ワインソースで仕上げる「ラムチョップ骨付きメェーメェー」(2,980円)など。

 チーズに目がないという横越さんがこだわるのは、オランダの皇室御用達の「ベームスター」(620円~)。チーズを使ったメニューは、横越さんが母の味を再現した「ママのグラタン」(850円)、原木チーズから作るローマ風の濃厚パスタ「カルボローマ」(1,480円)など。

 ビル6階への立地を決めた横越さんは「ビルに囲まれた駅前でも6階からの眺望は魅力。今後は屋上も利用してアウトドア感のある空間も演出してみたい」と話す。

 営業時間は17時~翌2時。

  • はてなブックマークに追加