食べる 見る・遊ぶ

日本海レストランバス「南砺コース」 野菜収穫やビール、発酵グルメ楽しむ

レストランバスの外観

レストランバスの外観

  •  

 日本海縦断観光ルート・プロジェクトは金沢発着の日本海レストランバス「南砺コース・MADE IN NANTOの発酵グルメツアー」を発売した。運営はWILLER(大阪市北区)。

ツアーで提供されるお料理の例

 同社では、日本海には魅力的な場所や食、文化が点在しているにもかかわらず、まだ知られていないものも多く存在しており、その魅力にたどり着くまでの「交通手段がない」のが課題。点在している魅力をつなぐことで、顕在化および発信することを目的に、同ツアーの発売を企画した。

[広告]

 「そこにしかない日本を食べよう!」をコンセプトに、訪れる先の生産者や料理人たちと交流しながら、そこでしか味わえない旬な食材や出会いを楽しむ。ツアーでは木彫りや発酵グルメなどで知られる富山県南砺市を訪れる。金沢市から電車を利用すると乗り換えが必要なことから、バスの運行によりアクセスの課題を改善するという。

 当日は、金沢駅またはひがし茶屋街近くの観光駐車場を出発し、福光へ向かう。現地ガイドの案内の下、街並みを散策。その後、「ログログファーム」(南砺市大塚)で野菜の収穫体験と「じゃがいもと塩麹のビシソワーズ」を味わい、「城端麦酒」(細野)でビール工房の見学、「千華園」(信未)で食用花摘み体験と、メインの食事を楽しむ。移動の車内でもドリンクや軽食を味わえる。

 同マネジャーの河合陽久さんは「この夏、旅行で北陸を訪れる方のみならず、金沢にお住まいの方にも地域の魅力を再発見する一日をツアーで味わっていただきたい。そして、北陸の魅力を多くの方に発信していただけたら」と話す。

 運行日は、7月20日~22日、8月3日~5日。開催時間は10時~17時。料金は1万6,800円。最少催行人数は10人。