天気予報

3

-1

みん経トピックス

大雪で屋台街が神隠し状態金沢の水引と眼鏡がコラボ

金沢で「フラワーバレンタイン」 夫から妻へ、感謝を込めた花贈りに会場から拍手

金沢で「フラワーバレンタイン」 夫から妻へ、感謝を込めた花贈りに会場から拍手

「花贈り体験」の様子

写真を拡大 地図を拡大

 金沢市中心部の「片町きらら広場」(金沢市片町2)で2月10日、「フラワーバレンタイン2018」が開催された。

片町きらら館内に展示されている花のオブジェ

 「フラワーバレンタイン」は、花の国日本協議会(東京都中央区)が2011年に始めた、男性から女性への花贈りを応援するキャンペーン。バレンタインシーズンの2月上旬に全国各地でイベントを展開しており、金沢では今年で5回目。

 当日は「フラワーオブジェ撮影会」として、花のアーチの下で携帯電話やスマホなどで撮影した先着100人に、石川県産のフリージア「エアリーフローラ」を進呈。来場者はうれしそうに受け取っていた。

 ステージでは、「ピアノミニコンサート」と「花贈り体験」を開催。事前に募集した夫婦8組が参加した「花贈り体験」では、夫から妻へ日頃の感謝や普段言えない気持ちなどを伝えて花束を贈ると、会場からは温かい拍手が湧き起こった。イベント終了後には、オブジェに使ったバラの花を来場者に配布した。

 同イベントに合わせて、片町きらら館内では14日まで、花のオブジェを展示する。

 主催する石川県花き振興地域協議会の担当者は「男性から女性への花贈りは日本ではなじみが薄いが、これをきっかけにこの習慣が根付いたらうれしい」と話す。「日常的にも生花店に足を運んで、お花を楽しんでもらえたら」とも。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

金沢で展覧会「写真的曖昧」 若手作家らが写真には写らない感情などを表現。この記事へはこちら。
[拡大写真]

アクセスランキング