見る・遊ぶ 暮らす・働く

金沢に全室犀川臨むデザインホテル 自然に囲まれた静かな立地魅力

犀川河川敷から見た「SARARASO」外観

犀川河川敷から見た「SARARASO」外観

  • 8

  •  

 金沢・犀川沿いに5月1日、デザインホテル「SARARASO(サララソ)」(金沢市菊川、TEL 076-254-5608)がオープンした。

【パノラマVR】犀川沿いにオープンしたデザインホテル「SARARASO」

 「パシフィックグループ」(八日市)が再生事業として手掛ける、近江町市場近くの「ホテルパシフィック金沢」(十間町)、一棟貸し切りの町家の宿「かずえや」(主計町)に続く新しい宿泊施設。ペンション「さらら館」として長年運営していた、築30年の建物をリノベーションした。外観は元の雰囲気を残しながら、全面に木材を打ち付けて柔らかく温かい印象に、内装は白や木目を基調にシンプルに仕上げた。

[広告]

 3階建てで、1階にフロントとカフェ、2階と3階にシングル(6,480円~)、ツイン(1万7,280円~)など客室8室が入る。室内は備品やインテリアなどを必要最小限に抑え、静かにくつろげる空間を心掛けているという。朝食(別途1,620円)は、土鍋で炊いたご飯や市場から仕入れた魚などの和食を用意する。

 「全室が犀川を臨む、自然に囲まれた静かなロケーションが一番の魅力」と同ホテルのゼネラルマネジャー・岩崎裕樹さん。「犀川を眺めてのんびりしたり本を読んだり、町に溶け込むように過ごしたり、友達の家に遊びに行くような感覚で利用してもらえたら」と話す。「レンタサイクルを用意しているほか、今後は河川敷で遊べるアイテムなどもそろえ、SARARASOならではの楽しみ方も提案していきたい」とも。

 チェックインは15時~22時。チェックアウトは11時。

後援申請20141009