食べる

金沢にノドグロラーメン&バー ノドグロ煮干しスープとクラフトビール、地酒で話題に

のどぐろ煮干し中華そば(しょうゆ)

のどぐろ煮干し中華そば(しょうゆ)

  •  
  •  

 金沢のせせらぎ通りに4月1日、「Ramen & Bar ABRI(ラーメン&バー アブリ)」(金沢市香林坊、TEL 080-7896-2193)がオープンした。

【パノラマVR】香林坊にオープンしたRamen&Bar「ABRI」

 北陸で高級魚として知られる「ノドグロ」の煮干しだしを使ったラーメンを看板に、こだわりのアルコールも提供する「ラーメン&バー」を掲げる同店。片町で約3年営業し常連客に支持された後、移動販売店を経てオープンした。北陸新幹線開業後、客の流れが変わったことで移転を決めたという。

[広告]

 カウンター6席とテーブル8席を設ける店内は、ラーメン店というより粋なバーの雰囲気。既存客以外に新たに観光客などの需要を見込む。客単価は、ランチ=1,000円程度、バー=3,000円~4,000程度。ベルギーと中国出身の女性スタッフが盛り上げる。

 ランチタイムはラーメンを中心に、バータイムは国産クラフトビールと地酒やウイスキーに合わせたおつまみと共にラーメンを提供する。看板はノドグロ煮干しと多加水麺で仕上げる塩ベースの「のどぐろ煮干しらーめん」(750円)と、鶏節で風味を付け5種のしょうゆをブレンドした「のどぐろ煮干し中華そば(しょうゆ)」(780円)。九谷焼作家の武田朋己さんの器を使う。現在のところ平日30食・週末50食を用意し、売り切れ次第終了となる。

 サイドメニューの一押しは、ノドグロだしで炊いたご飯と能登鶏の卵に同店特製のノドグロだしじょうゆをかける「のどぐろだし飯のたまごかけごはん」(500円)。「鶏皮煮」(500円)、「若竹煮」(700円)、厚切りベーコンを使った「ABRI特製ゴロゴロポテトサラダ」(500円)などの一品も。「のどぐろだしのたこ焼き(6個)」(600円)はテークアウトもできる人気筋。国産クラフトビールは6タップを備え、「白菊」(石川県)、「大信州」(長野県)など純米酒・純米吟醸酒を中心とした地酒にもこだわる。

 関東圏や香港への出店も視野に入れるオーナーの牧野陽子さんは「夏には冷やしラーメンも出す予定。アルコールも含め季節に応じたメニューを工夫したい。万能のノドグロだしを使ったメニューを味わってほしい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は、火曜~金曜=11時~14時・17時30分~23時、土曜=11時~23時、日曜=11時~17時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009