食べる

金沢・柿木畠に南インド・スリランカ料理店 本場シェフがカレー中心に提供

マスターシェフのフェルナンドさんとシェフの皆さん

マスターシェフのフェルナンドさんとシェフの皆さん

  •  
  •  

 金沢の柿木畠商店街に11月13日、南インド・スリランカ料理店「島のスパイス&カリー SRiLaNKa KiTCHEN(スリランカキッチン)」(金沢市柿木畠、TEL 076-223-6255)がオープンした。

【360°パノラマ】 店内の様子

 3階建て飲食店ビルの2階にテーブル11卓30席を設ける同店。本場の南インド・スリランカ料理が味わえると人気の「スパイスボックス」(片町2)の2号店となる。

[広告]

 現地出身のシェフが、本場のスパイス30種類以上用いて調理したカレーを中心に、タンドリーチキンなどの炭焼料理を提供。マサラチャイやスリランカビールなどのドリンクメニューも用意する。

 ランチのみの営業で、バナナの葉の上にスリランカカレーやおかず、コメをのせた「スリランカバナナリーフランチ」(1,280円)、インドカレー1種類とサラダ、コメとナンが付いた「カレーランチ」(780円)、インドカレー3種が選べる「3種のカレーランチ」(980円)、炭焼き料理とインドカレー、サラダ、コメとナンが付く「炭焼きランチ」(1,280円)の4種類を提供。金沢市役所の裏通りという場所柄を考慮し、周辺で働く人のための「ワンコインカレー弁当」(500円)も用意する。

 土曜・日曜には週末限定メニューとして、コメにカレーやおかずをのせバナナの葉にくるみオーブンで焼いた、スリランカでも人気の料理「ランプライス」(1,480円)や、コメと豆でできた生地をクレープのように薄くのばして焼いた「ドーサランチ」(1,280円)も登場する。

 マスターシェフのD.T.P.フェルナンドさんは「本場のシェフと本場のスパイスを使わないと本物の味は出せない。本物の南インド・スリランカ料理をたくさんの人に食べてもらいたい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時30分~14時30分。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加