食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

金沢で「和を楽しむ会」 加賀友禅の染付体験、地元食材を使った料理など

心結で着物をレンタルして参加することも可能

心結で着物をレンタルして参加することも可能

  •  
  •  

 金沢市の指定文化財「旧園邸・松向庵(しょうこうあん)」(金沢市西町3)で11月13日~15日、金沢の文化に触れるイベント「金澤 和を楽しむ会 秋の段」が行われる。

「金澤 和を楽しむ会 秋の段」の詳細

 レンタル着物店「心結(ここゆい)」(芳斉2、TEL 076-221-7799)が金沢の文化や芸能を気軽に楽しんでもらおうと実施している同イベント。今回は同店の5周年を記念し、これまでより規模を拡大。久恒俊治さんなど加賀友禅作家3人の作品展示と、金沢の文化を体験するワークショップなどを行う。

[広告]

 13日は、金沢弁の語り手・荒木明日子さんによる昔話と、尼僧・明制(みょうせい)さんによる歌と食の話を聞く会を開催。明制さんは、地元の無農薬野菜を中心とした料理を提供するカフェ「玄米菜食 明制」(野町3)の店主を務めており、当日は弁当やおやつも振る舞う。

 14日は、久恒さんの指導による巾着の染付体験を行う。世界一軽く薄い生地に手描きで友禅を施すなど意欲的に活動する久恒さんに直接手ほどきを受けられる。15日は、県内を中心に写経の活動を行う澤口美恵さんによる般若心経の解説と筆ペンでの写経体験と、家庭料理店「食工房 三会(みえ)」(玉鉾2)の店主・浅野三恵子さんによる金沢らしいおもてなしの話を聞く会を行う。

 同店の越田智子さんは「大正期の貴重な住宅・茶室である旧園邸・松向庵で、金沢の文化に触れながらゆっくり過ごしてほしいという思いで企画した。市民の皆さんにはあらためて地元の文化を体感して、観光客の皆さんには歴史ある空間で秋のひとときを楽しんでもらいたい」と話す。

 加賀友禅の作品展示は10時~16時。入場無料。有料イベントは、午前の部11時~13時、午後の部14時~16時の2部制。13日は定員各20人・参加費3,000円。14日は定員各10人・参加費4,000円。15日は定員各10人・参加費 午前の部4,000円、午後の部3,000円。要予約。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009