食べる

行列のできるメロンパンアイス店、専用車で移動販売開始 企業イベントや学校行事にも

メロンパンアイス移動販売1号車のカギを手にする澁谷さんと三上さんと高橋さん

メロンパンアイス移動販売1号車のカギを手にする澁谷さんと三上さんと高橋さん

  •  
  •  

 「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」を運営するグランタス(金沢市増泉 TEL 076-220-7395)は7月11日、メロンパンアイスの移動販売車を完成させた。全国での移動販売を開始する。

【パノラマ】 メロンパンアイスの移動販売車

 「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」は、2013年8月に金沢市広坂に1号店をオープン後、若い女性を中心に話題を集め、休日には行列ができる人気店。現在は、FC店を含め全国に29店舗を展開する。

[広告]

 同販売車は、同社と移動販売車の製作を手掛けるシブヤコーポレーション(金沢市入江 TEL 076-291-3339)、業務用厨房機器メーカーのマルゼン(東京都台東区)と共同で開発した。

 同社の店舗統括を務め、自身も移動販売車での販売を経験したことのある三上史郎さんは、「これまで企業イベントや、保育園・学校、ショッピングセンターからの出店要請が相次いでいたが、焼きたてメロンパンの提供にはガスの配管が必要になるなどの理由から断っていた。完成した移動販売車は、小型車でありながら作業スペースが広く、使い勝手の良い販売車が完成した」と話す。

 1号車の導入を決めた新潟交通商事(新潟県新潟市)は新潟県内で同店を2店舗展開。同社の高橋徹さんは「新潟でもメロンパンアイスは話題で出店の引き合いが多いが、新規出店のリスクを考えると難しい。移動販売車であれば、どこにでも出向いて焼きたての商品を提供することができる。今まで遠方で来店いただけなかった人にも味わってもらえれば」と意気込む。7月24日にショッピングセンター「佐渡セントラルタウン」(新潟県佐渡市)で同販売車での販売を行う。

 グランタスは今後、2号車を石川県内で運用するほか、同店を運営する全国の加盟店へ導入を促進する。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009