食べる

ベーグル専門店「とべーぐる」金沢初出店-食感と焼きたてにこだわり

ベーグルを提供する店長の中木さん

ベーグルを提供する店長の中木さん

  •  
  •  

 金沢の百貨店「めいてつ・エムザ」近くに2月6日、ベーグル専門店「とべーぐる 金沢武蔵町店」(金沢市武蔵町、TEL 076-256-0043)がオープンした。

店内をパノラマで見る

 同店のベーグルの特長は、「ふわふわでもちもち」の食感。生地に富山県産のコシヒカリを使用し、発酵時間、ゆで時間、焼き時間を調整することにより実現しているという。「従来の堅いベーグルのイメージを壊したかった。柔らかくしすぎるとパンになってしまう。ベーグルの魅力であるかみ応えを残す絶妙な食感にこだわっている」と店長の中木智晴さん。

[広告]

 生地はもちろん、中に入れる具材もできるだけ手作りにこだわっているという。営業時間は5時間と決め、店内のオーブンで少量ずつ焼き上げ、焼きたての提供にもこだわる。30代から60代の女性を中心に人気で、オープン間もないがすでに常連客もいるという。

 店内には、プレーンの「ベーシック」、果物やチョコを使った「スイーツ」、ベーコンやチーズをトッピングした「総菜」の「レギュラーベーグル」(160円~280円)に加え、ベーグルに野菜や果物、肉などをサンドした「ベーグルサンド」(350円~)など、常時15種類ほどが並ぶ。毎月3種類の限定商品を発売するなど新商品の開発にも力を入れる。人気の商品は、加賀野菜を使った「金澤五郎島スイートポテト」(280円)や金沢の金箔(きんぱく)をあしらった「金澤ゴールド」(220円)など。どちらも竹炭とココアを練りこんだ真っ黒の生地が特徴。

 中木さんは「ベーグルは本来プレーンにクリームチーズを塗るなどアレンジして楽しむものだが、地元食材を使いいろいろな食べ方を提案できれば」と話す。「地域の人に喜んでいただけるお店づくりをし、金沢にベーグルを広げていきたい」とも。

 営業時間は11時~16時。水曜・第2火曜定休。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009