3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

金沢市民芸術村で「金沢一生青春フェス」-地元アーティスト主催、10周年機に

10周年を迎えファンや音楽仲間に感謝を伝えたA(c)

10周年を迎えファンや音楽仲間に感謝を伝えたA(c)

  •  
  •  

 金沢市民芸術村(金沢市大和町)で10月4日、音楽イベント「金沢一生青春FESTIVAL」が開催され、全国から約400人の音楽ファンが集まった。

「金沢一生青春FESTIVAL」の様子

 同イベントを主催したのは、金沢を拠点に全国で活動する3ピースバンド「A(c)(=エーカッコシー)」。今年でバンド結成10周年を迎えることから、10年間に出会ったファンや音楽仲間に恩返しをしたいとイベントの開催を決めた。

[広告]

 金沢市民芸術村はA(c)がよく練習をしていた、いわば「原点」。「自分たちの中で金沢を表す場所はここ」とメンバーは口をそろえる。全国で精力的にライブ活動を行うA(c)らしく、ファンの中にはバンドを知っていても金沢に来たことはないという人も少なくない。同イベントが「多くの人に金沢にきてもらうきっかけになってほしい」という。

 会場内にはバンドステージとなる「絆ステージ」と「彩ステージ」を設け、A(c)のほか、DOOKIE FESTA、FAT PROP、FUNKIST、ghostnote、NUBO、REDJETS、UNCHAIN、今村モータース、chaqq、DIRTY OLD MEN、LACCO TOWER、LOST IN TIME、rega、ウラニーノの全15組のバンドが9時間にわたりライブを繰り広げた。

 コラボステージ「なかまの森」ではCHO-1らがMCを務めるトークライブや、バンド同士のコラボによるアコースティックライブ、東北に苗木を送る活動をしているpicnic earth(以上、敬称略)とのコラボレーションを行った。

 絆ステージのトリで登場したA(c)は集まったファンに感謝を述べた後、来春予定されているアルバムの発売と、今までサポートメンバーだったTakumaさん(Dr)の正式加入、白江宗司さん(Vo&Gt)と野崎寿美さん(Bass)の結婚と妊娠を報告し、サプライズの多いステージとなった。

Stay at Home
後援申請20141009