食べる

金沢にフレンチスタイルカフェ「安江町ジャルダン」-町家複合施設の一画に

「安江町ジャルダン」入口

「安江町ジャルダン」入口

  • 0

  •  

 金沢の駅前別院通り商店街近くに2月22日、カフェ「安江町ジャルダン」(金沢市安江町、TEL 076-254-1654)がオープンした。

カフェの店内

[広告]

 店舗面積は7坪で、4坪のウッドデッキのテラススペースを備える。席数は4卓12席。同店があるのは、築120年の町家を改修し複合施設として活用する「Machiya5」の一画。同施設には金沢ゆべしを扱う店や事務所などが入居しており、シナジー効果も期待される。同店でも施設内の雑貨店「.en」で取り扱う、波佐見焼のランプシェードやコーヒーカップを使う。

 同店はフレンチスタイルを意識した内装やメニューを意識しており、店名にはフランス語の「ジャルダン(=庭」」を付けた。母娘で同店を切り盛りし、ドリンクとスイーツを担当する小紙理恵さんは、「手作りにこだわり、地場産の食材を使うようにしている」と話す。

 石川県宝達志水町産の「宝達くずミルクゼリー」(600円)や、オーダーを受けてから焼き上げる手作りの「スコーン」(550円)、季節のスープやサラダにパン、ゆで卵とドリンクをセットにしたモーニング(600円。11時まで)などが同店の「おすすめ」。

 小紙さんは子ども用ドレスのデザインや販売、レンタルを扱う「ウイ・シュウ」(中村町8)も経営しており、今後は同店でドレスのレンタルとヘアメークもセットにした子ども会や誕生会向けのパーティーも企画していく予定。

 営業時間は10時~22時。火曜定休。

後援申請20141009
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース