見る・遊ぶ

映画「武士の献立」石川で先行公開-上戸彩さん、高良健吾さんら舞台あいさつ

先行公開初日を祝して行われた鏡割り。(左から)朝原監督、上戸さん、高良さん

先行公開初日を祝して行われた鏡割り。(左から)朝原監督、上戸さん、高良さん

  •  
  •  

 加賀藩の料理人「包丁侍」と、その妻の夫婦愛を描いた時代劇映画「武士の献立」が12月7日、石川県内の6映画館で先行公開された。各館では、主演の上戸彩さんと高良健吾さん、朝原雄三監督が舞台あいさつに立ち、観客から大きな拍手を浴びた。

こぶしを挙げる上戸さんと観客

 映画は、上戸さん演じる年上妻の春が、料理がからっきし苦手な高良さん演じる夫・舟木安信に指南して、一人前の包丁侍に成長させるストーリー。

[広告]

 野々市市の「イオンシネマ御経塚」のステージにベージュ色のワンピース姿で登場した上戸さんは、「川魚を料理するシーンではうろこがピンピンはねて大変だった」と、撮影の裏話を披露した。さらに、「キャンペーンで石川に来るたび、すてきなところを見つけている。石川の(風景の)映像が、映画の内容と共に伝わったらいい」と語った。

 高良さんは「今まで見てきた時代劇と違って若い人も楽しめる。(ステージ上から)見ると(観客の)年齢層がばらばらで、(この客席の様子を)一発目に見られてとてもうれしい」と感慨を込めた。朝原監督は「映画は見ていただいて初めて完結する。せっかくできたこの映画を発信していきたい」と話した。

 場内の369席は満杯で、映画を見終わった観客は「良かったよ」とエールを送っていた。ロビーでは鏡割りも行われた。

 全国での上映は同14日から。

  • はてなブックマークに追加