暮らす・働く

金沢・白山の15会場で「ライブサーキット」-10日間で50公演

ジャズバー「RIVERSIDE(リバーサイド)」でしっとりとした歌声を響かせる志乃さん(中央)と篠崎さん(右)

ジャズバー「RIVERSIDE(リバーサイド)」でしっとりとした歌声を響かせる志乃さん(中央)と篠崎さん(右)

  •  
  •  

 多様なジャンルのミュージシャンが集まり、ライブハウスやミュージックスペースで10日間にわたってステージを繰り広げるイベント「金沢音楽週間 ライブサーキット’12」が現在、金沢・白山両市内で開かれている。

期間中、連日ライブを行っているジャズバー「RIVERSIDE(リバーサイド)」

 毎年恒例のイベントで今年は7回目。今回は「音楽は金沢を寝かせない!」を合言葉に、1月27日から2月5日まで、15会場でジャズ、サンバ、ポップス、ロック、ブルースなどの約50公演が行われる。

[広告]

 31日はジャズバー「RIVERSIDE(リバーサイド)」(金沢市片町1)でライブがあり、志乃さんと篠崎文さんがピアノに合わせて「Bye Bye Blackbird」「My funny valentine」、ポップス曲「You’re beautiful」などを歌った。

 2月4日には同芸術村で、ブラザートムさんら「REAL BLOOD(リアル・ブラッド)」のメンバーによる「ボーカルワークショップ」を予定。5日には、「もっきりや」(柿木畠)で村井秀清さんのコンサートが行われる。

 「ライブサーキットは、出演者が『バンドの集大成を見せる』という気持ちになれるイベント。毎年楽しみにしている」と篠崎さん。同芸術村ミュージック工房ディレクターの藤本美和さんは「すごい雪にもかかわらず、お客さんが来てくれている。ライブが集中する土曜・日曜も各会場を回りやすいよう時間設定を考慮したので、お客さんもプレーヤーも足を運んでほしい」と来場を呼び掛ける。

 公演スケジュールや料金など詳細は同イベントホームページ「ライブサーキットネット」で確認できる。

  • はてなブックマークに追加