買う

金沢・ひがし茶屋街に金沢箔の「箔一」新店-元銭湯を改装

ひがし茶屋街にオープンした「箔一 東山店」の外観

ひがし茶屋街にオープンした「箔一 東山店」の外観

  •  
  •  

 金沢箔の「箔一」(金沢市森戸)は10月1日、ひがし茶屋街に新店舗「箔一 東山店」(東山、TEL 076-253-0891)をオープンした。

ひがし茶屋街にオープンした「箔一 東山店」

 創業以来、金沢箔工芸品を中心に、コスメ・食用金箔・菓子・建材など多岐にわたり事業展開を行う同社の新店として開いた東山店。古くから地元の人に親しまれてきた旧銭湯「東湯」を改装したもので、店舗面積は146平方メートル。古い街並みと昔の面影が残る同茶屋街への出店により、観光客や地元の女性の需要を見込む。同社直営店としては7店舗目。

[広告]

 改装にあたり、旧銭湯の面影を残すため、建築構造の強化は施したものの外観は壁を塗り直すにとどめ、銭湯時代の吹き抜けや窓もそのまま利用した。店内はベンガラの壁に格子を配したインテリアで、茶屋街らしい空間作りを意識した。

 1階は同社製の工芸品や化粧品、スイーツを扱うショップとなっており、金箔工芸品のテーブルウエアや金箔ローションなど日常生活を彩るアイテムが並ぶ。金箔を貼った灯籠や和傘などを配した休憩スペース「金箔の庭」と、金箔ソフトクリームなどのスイーツを提供するイートインコーナーも設けた。「茶屋街を散策して疲れたら、気軽に立ち寄って足を休めてもらえれば」と同社担当者。

 中2階は同茶屋街の歴史をパネルと映像で紹介するスペースを常設し、NPOが運営する。かつての梁(はり)が残る2階は貸しギャラリーとして、地元の若手作家らの利用を呼び掛ける。同社では「オープンから2週間で、既に予想を超える多くの人に来店していただいている。ひがし茶屋街の歴史や文化についても発信する場となれば」と期待を込める。

 営業時間は10時~18時。

  • はてなブックマークに追加