食べる

食事制限のある人も利用できるレストラン「ツバメヤ」、金沢・幸町にオープン

「TsuBameyA」の外観

「TsuBameyA」の外観

  •  

 高齢者や病中病後の人など、食事制限のある人に対応したレストラン「TsuBameyA(ツバメヤ)」(金沢市幸町、TEL 076-205-7002)が9月1日にオープンした。

「TsuBameyA」の外観

 かんだり飲み込んだりする力が弱い人や、糖尿病や腎臓に疾患を持ち食事制限の抱える人など、食事に何らかの不安を持っている人のためのメニューを置く同店。これまで、同市片町でコーヒーショップを営んでいたコーヒーマイスターの星さんが、病院食用の食材を扱うメーカーに勤める常連客の友人と話すうち、「病院や施設に流通する食材を小売り販売してほしい」との要望が多いことを知り、「地域の人の役に立ちたい」「全ての人に安心して豊かな食生活を送ってほしい」との思いで開店した。

[広告]

 あくまでも一般向けの定食や喫茶メニューをメーンとするが、「食事制限のある人が、家族そろって食事ができる」ように特別メニューを組み込んだ。店内では病院や介護施設などで流通する食材や調味料を小売りするほか、これらの食材を使った調理実習も開く。

 店名の「ツバメヤ」は、「嚥下(えんげ)=食べ物をそしゃくし飲み込んで胃に送り込む」という言葉に、「燕=つばめ」の文字が使われていることから名付けた。店舗面積は約130平方メートルで、席数は50席。以前は喫茶店だった物件を改装したもので、調理場を囲む大きなカウンターと小上り席やテーブル席を設ける。

 一般的になじみの薄いスタイルの店であることから、プレオープンの期間を1カ月と長めに設け、周辺住民の反響を慎重に見極めた。期間中、婦人会のメンバーや栄養士、介護関係者、在宅介護をする人などが多く訪れたという。開店を知った同市担当者も店を訪れ、「金沢健康づくりサポート店」としての認定も決まった。

 食事制限を抱える人用のメニューとして提供する「TsuBameyA御膳」(700円)は、柔らかい食材や減塩・シュガーレスなどの調味料を使ったメーンと小鉢2品、ご飯、みそ汁が付く。店内で販売する食材は、ゴボウやエビなどの繊維を断ち切りかみやすく飲み込みやすくした冷凍品約30種類のほか、減塩の調味料、カロリーコントロールされたレトルト食品など。

 毎週日曜日に開く調理実習会には調理師と食材メーカーの担当者を招き、これらの食材を使い家庭でも気軽に調理できるレシピを実演する。星さんは「食事制限を抱える人が家族と共に外食ができ、家庭での調理もサポートする店が全国にも広がれば。『TsuBameyA』の輪を広げていきたい」と意気込む。

 営業時間は12時~15時、18時~23時(金曜・土曜は18時~翌3時)。日曜定休。調理実習(予約制)は毎週日曜の12時~15時。参加費は500円(コーヒーセット付き)。